団体の仲間意識が上がる

ビジネスマンとして働いていく中で書類への捺印というのは非常に多いものです。個人的には、郵便物が届いた際などに認印として使用するものを一つ持っていれば良いですが、印章を持つことにより社内での仲間意識が高まります。例えばとてもリーズナブルな認印を使っていた場合、ある程度高級な素材で作られた印章を使っている方を見てどう思うでしょうか?

しっかりとした印鑑を使っていると、それだけで仕事のできる人といったイメージを与えることになります。またどの素材が良いのか、どのような書体が良いのかを社内で話し合い統一することによって団体意識が高くなっていきます。それぞれがバラバラに選んだ印鑑を用いるのではなく、統一したデザインを使うことによりメリットはたくさんあります。

前述したように仲間意識が高くなるだけでなく取引先の会社なども統一性があり、細かな部分まで配慮のある会社だと思われることが多くなります。また複数の書類を扱う際にも印鑑が統一されていれば非常に見やすく、このような部分でもメリットがあるのです。良い印鑑は高いといったイメージをお持ちの方もいるようですが、近年ではリーズナブルに作れるようになりました。社内が同じデザインで印鑑を作っておけば、自然と団体意識がアップし仕事をする上でのモチベーションも高まります。